傷痕の残らないARTUS植毛

主に男性に生じる頭頂部や生え際の薄毛には、自毛植毛が適しています。特にAGAと呼ばれる男性型脱毛は進行型の脱毛症なので、放っておくと治療薬では再生できない状態になります。また自毛植毛では、自分の側頭部から後頭部にかけての毛髪を移植するため、移植後の定着も良く、自然なボリュームが得られます。そして定着した毛髪は永久的に生え続けます。

植毛後は、通常と同じシャンプーや頭皮ケアなどを行なうことが可能で、メンテナンスをする必要はありません。自毛植毛にはメスを使用して、頭皮からドナーとなる毛髪を切除するストリップ法があります。なるべく毛根を傷つけずに2段階で切開する方法もあります。またFUE法と言って、手作業でドナーを毛穴ごと採取していく方法もあり、この場合は切開しないため傷も小さくて済みます。

ただし施術に時間が掛かる他、料金が若干高めです。需要が高い施術法が、専用機器を使ったARTUS植毛です。最先端のロボットARTUSを使って、毛髪の密度や本数、生えている向きなどを調べ、質の良いドナーを採取します。この方法はメスを使わないため、施術後に傷痕が残らず、ダウンタイムも最小限です。

その他、ロボットがドナー採取を行うため、医師の技術に左右されずに高精度の施術が受けられます。また施術時間が短時間で済むので、身体や精神面での負担が軽いというメリットもあります。費用は3種の施術の中では、最もリーズナブルです。

Filed under: コンジローマ, コンジローマ 品川, 品川

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website