植毛と育毛の違いを徹底比較

薄毛が気になる場合、植毛と育毛どちらのメリットが大きいと思いますか?育毛はその名のとおり「毛」を「育む」方法であり、育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリメントなどを使って頭皮の環境を整えながら毛の発育を促します。一方で、植毛は本人の毛髪または人工毛を頭皮に移植することで失った毛を取り戻します。まず、即効性と有効性について見てみましょう。育毛剤は長期間使用しないと効果が得られにくく、育毛シャンプー・サプリメントは手軽に始められる反面、実際に効果があるのか分かりにくいのが難点です。

それに薄毛になってしまうとほとんど効果がありません。植毛は毛の薄い部分に直接毛髪を移植することから、移植後すぐに効果を実感できます。さらに、抜け落ちやすい人工毛とは異なり本人の毛髪は成長するため、経過が良ければ数ヶ月後には毛の生え変わりを実感できます。次に、費用面ではどうでしょうか?育毛剤は一本一本はそれほど高額ではないものの、数ヶ月、数年と続けていくとかなりの負担となり、その上、効果が出ないこともあります。

植毛はやや高額ですが、移植する際の費用のみなので育毛のように長期的に費用がかかりません。特に自毛を使う場合、定着後は半永久的に生え変わることからメンテナンスが必要なく、たった一度の出費で健康な髪を維持できます。最後に気になる安全性を見てみましょう。育毛の危険性は極めて低く安心して利用できます。

ただ、育毛剤や育毛シャンプーの配合成分によって頭皮がかぶれることがあるようです。植毛についても安全性が証明されています。しかし、人工毛は稀にアレルギーなどの拒絶反応を起こすことがあるため、定着しやすく毛も生え変わる自毛移植をお勧めします。

Filed under: 包茎手術, 包茎手術 糖尿, 糖尿

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website