自毛植毛とタバコの喫煙について

タバコの喫煙が発毛の妨げになることは古くから言われていることですが。自毛植毛の施術を受けた後も医師からタバコの喫煙を控えるように指示ができることがあります。タバコのニコチンには、血管収集作用があり、血流を悪くするため頭皮や髪の毛に十分に栄養が行き渡らなくなるので、せっかく自毛植毛の施術を受けたのにうまく発毛しない可能性があるからです。ただ、我慢ができずに自毛植毛施術に喫煙してしまったからといって、体内の血流の流れが止まるわけではなく、すぐに発毛に影響するわけではありません。

それならば、無理にストレスを溜めて禁煙するよりも適度に吸っていた方が体にも心にもいいのではないかと考える人もいることでしょう。しかし、日本に限らず世界的にも薄毛に効果的な発毛薬であるミノキシジルは、血管を拡張させて発毛を促すという作用で薄毛を改善する薬であり、個人差はありますが非常に高い発毛効果が期待できるとされています。つまり、血流と発毛には密接な関係性があることは明らかで、やはりタバコの喫煙が発毛の妨げになっているということは否定できないのです。本当に薄毛を改善したいために高額な費用をかけて自毛植毛を行ったのですから、効果が期待できなくては意味がありません。

発毛効果を高めるためには、喫煙習慣をなくすようにする体質改善を心がけることが、術後の発毛効果を高める結果になるというわけです。もちろん、いきなりきっぱりやめるとなるとストレスもたまりますので、徐々に本数を減らしたり禁煙外来に足を運ぶという手段でも良いですので、日頃の生活の中から少しずつ始めていくことをおすすめします。亀頭増大のことならこちら

Filed under: 亀頭増大, 医療, 精力Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website