わきが治療に踏み切る前に

わきから嫌な臭いを発するのがわきがです。これはアポクリン汗腺の発達が原因と言われています。そのため本気で治したいなら、わきが治療としてこのアポクリン汗腺を取り去る手術を受けることになります。ただ、この手術はわきの下を数センチ切開して皮膚を裏返して行われるので、傷跡が残ります。

執刀医の腕にもよりますが、少なくとも3センチは切る必要があるので傷跡が残ってしまうのです。それにアポクリン汗腺を取り去ったとしても再発の可能性、それにその他の部分の臭いがきつくなるなどの恐れもあるのです。このように皮膚を切開してアポクリン汗腺を取り去るわきが治療はかなりのリスクを伴うのです。それ以外にもレーザーを使った方法や高周波を使ったわきが治療などもありますが、どれもリスクを伴いますし、高額な治療費がかかります。

費用を抑えてリスクの少ない治療をしたい、そういった方におすすめなのが生活習慣の改善です。わきがのそもそもの原因はアポクリン汗腺ですが、ここから出る汗を変えればいいわけです。そこでまず行いたいのが食事内容の改善です。脂っこいもの、甘いもの、ステーキなどの食事は汗の質を悪くしますし、皮脂の分泌を促します。

絶対に食べるなというわけではなく、たくさん食べなければいいのです。また、逆に食べて欲しいのが梅干しです。肉類や乳製品ばかりを食べると体が酸性に傾きます。すると嫌な臭いが出やすくなるのです。

そんな時は梅干しを食べるといいでしょう。アルカリ性食品の代表格とも言える梅干しは、1日1個食べるだけでも酸性に傾いた体を元に戻してくれるはずです。

Filed under: 包茎手術, 医療, 品川Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website