わきが治療で臭いをなくしたい

チーズのような独特な臭いで本人だけでなく周囲を悩ませるのがわきがです。これはアポクリン汗腺が発達していることが原因です。人種によってこのアポクリン汗腺の発達が異なり、一説によると黒人のほとんどがいわゆるわきがとも言われています。わきがのそもそもの原因はアポクリン汗腺なので、本気でわきが治療するとなると皮膚を裏返してアポクリン汗腺を取り除く剪除法が当たり前でした。

この方法であれば医師が目で見てアポクリン汗腺を排除できるので確実と思われていたからです。しかし手術に大きな傷跡が残ること、それに取り去っても再発するケースもあること、また他の部分の臭いがきつくなるケースもあることなどから、この方法がわきが治療のベストとは言い切れないのが現状です。傷跡を残したくない、なおかつ症状が軽いのであれば汗をかく夏場に合わせてボトックス注射をして汗を抑えて臭いを抑える方法もいいですし、症状が中程度以上であるならばマイクロウェーブを使ってアポクリン汗腺や皮脂腺を破壊するミラドライなどの方法もいいかもしれません。レーザーなどでは効果がなかったという人には、皮膚を裏返さずに細いカニューレを脇の下に入れてアポクリン汗腺や皮脂腺をこそぎ取る方法もあります。

現在では様々なわきが治療法があります。中には保険が使えるものもあるので、どうしても治したいという方は自己流や民間療法にすがるのではなく、一度専門クリニックの受診をおすすめします。

Filed under: 包茎手術, 医療, 糖尿Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website