自毛植毛の特徴とメリット

自毛植毛は、その名の通り、自分の髪の毛を植毛することです。薄毛の原因は、男性ホルモンによるものや遺伝によるものなどいくつかありますが、生え際や頭頂部の髪の毛から薄くなっていきます。後頭部や側頭部の髪の毛は男性ホルモンの影響を受けにくく、元気な髪の毛が残っていることが多いです。そこで、この部位の髪の毛を、薄毛が気になる部分に移植するのが自毛植毛です。

今までの自毛植毛は、メスで後頭部の髪の毛を頭皮ごと切り取り、生え際などに移植する方法がとられてきました。この方法は歴史もあり、定着率も高いですが、メスを使うことに抵抗があったり、切った部分に傷跡が残ってしまうなどの問題がありました。後頭部の髪の毛を伸ばして、傷跡を隠すようなこともありました。そこで、新しい方法が登場しました。

メスを使わずに、専用のパンチなどで毛根ひとつひとつを切り取り、埋め込んでいくという方法です。これにより、今までより手軽に行うことができるようになりました。傷跡が残らないことや、メスを使わないので、患者さんの身体的、精神的負担も軽減されました。自毛植毛の他に、人工の毛を使った植毛などもありましたが、手入れの面倒さや、ヘアスタイルの固定などデメリットも多いです。

自毛植毛であれば、定着すれば自分の髪の毛が生えてくるので、面倒な手入れは一切ありません。シャンプーやドライヤーも使うことができ、好きな髪型にできるメリットがあります。

Filed under: 包茎手術, 医療, 品川Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website