自毛植毛のメリットは何か

自毛植毛は、薄毛治療の方法の一つであり、主に頭髪の薄くなった部分に対処するための植毛法です。この植毛法では、まだ健康な髪が生えている部分、これは後頭部が多いのですが、その部分の皮膚を、そこに生えている髪と一緒に切除して、一株ずつに分けた後に植毛したい部分の毛穴に移植します。自毛植毛は、自分の頭髪組織を利用するため、免疫の拒絶反応が発生しません。移植のための外科手術も、近年はその技術も高まっているため、高い成功率になっています。

従って、効果の確実性が高いことが、自毛植毛の最大のメリットといえます。更に、移植した頭髪組織では、移植をしていない組織と同様に頭髪を生成していきます。そのため、特別なメンテナンスをする必要もなく、髪の毛が伸びます。また、通常のシャンプーを使って普通通りに洗髪することも可能です。

更に、自分自身の組織なので、植毛先の頭髪と同じ色であり、年をとると、元からある髪と同様に白髪になるので、植毛した部分だけが違って見えることがありません。例えば人工植毛の場合、天然の髪と違って伸びないので、天然の毛と長さが異なってしまいますし、普通の理髪店などでは対応できないので植毛後も定期的に通院してメンテナンスを受ける必要があります。また、育毛剤を用いて増毛する場合には、その効果を維持するために継続して薬代が必要となることもあります。しかし、自毛植毛の場合、外科手術を受けた後の特別なメンテナンスや薬の服用は必要ありません。

そのため、頭髪を増やす他の方法と比べ、手術後の出費を安く抑えることができます。

Filed under: 包茎手術, 医療, 糖尿Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website