自毛植毛はAGA治療の最終手段

男性の幅広い年代で大きな悩みとなるAGAは、いまや一般的に認知され、多くの人が知る症状となっています。治療薬なども開発され、一般の病院で診察が受けられるだけでなく、AGA専門のクリニックなども設置され、完治しない症状ではあるものの、元のふさふさな状態に戻ることも不可能ではないと言われています。しかし、治療薬は全ての人に有効というわけではなく、効果が薄い人、全く効果がない人も少なからずいるようです。治療薬を使ってはダメ、生活習慣を改善してみてもダメ、発毛治療を受けてみたけれどもすぐに抜けてしまう、そういった人の最終手段として残っているのが自毛植毛です。

読んで字のごとく自分の髪の毛を移植する手術で、AGAであれば薄毛の影響を受けない後頭部から髪の毛と毛根を一緒にドナーとして採取し、頭頂部や前髪の生え際など薄毛の気になる部分に植毛します。自毛植毛は毛母細胞ごと移植するため、細胞が定着すると髪の毛が生えるだけでなく、ヘアサイクルに従って生え代わるようになります。また、薄毛の影響を受けない性質も移植されるため、例えば頭頂部に移植したとしても、AGAによって抜けることはありません。細胞ごとの移植となるため、ドナーは有限となりますが、最近の自毛植毛の技術進化は目覚ましく、定着率は90%を超えた成功率で、ほぼ間違いなく移植が成功します。

デメリットとしては、100万円単位でのまとまった費用がかかること、手術跡が頭皮に残ることなどが挙げられますが、髪の毛が生え代わるのであれば、治療薬を生涯続けていたり、効果があるか分からない発毛治療よりも安くつくと考えられます。

Filed under: 包茎手術, 医療, 横浜Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website