新宿でコンジローマ治療を受けよう

尖圭コンジローマに感染すると、性器にイボ状の吹き出物が現れます。コンジローマの原因はヒトパピローマウイルスと言われており、パートナーへの感染を防ぐためにも早急な治療が必要です。新宿には多くのクリニックがあり、男性の場合は男性医師の対応する、専用の泌尿器科クリニックが存在します。新宿駅の各方面の入り口にも近く、通院に便利です。

コンジローマの症状が見られても、中には感染の覚えがない場合があります。粘膜表面に傷がつくと思わぬところから感染することもありますので、異常を見つけた場合は出来るだけ早期に医者に相談しましょう。潜伏期間はおおよそ3週間から8か月程度ですので、全く覚えがないことも珍しくありません。新宿でコンジローマ治療を行いたい場合は、泌尿器科に相談することをおすすめします。

専門の医者が問診や視診、内診を行うことで病気はすぐにわかるものです。コンジローマは他の病気とも間違いやすく、フォアダイスや真珠腫様小丘疹といった吹き出物と見間違える可能性も存在します。自分で判断せず、新宿の専門医に診断を依頼するべきです。液体窒素を患部に当てて数秒凍結させることで、治療を行うことが可能となっています。

1週間から2週間に1度のペースで通院し、数回で治療が終了するケースがほとんどです。ただし、これらはウイルスという特性もあるため再発しやすい病気ですから、以後は出来るだけ患部を清潔に保ち、新宿のクリニックに通いましょう。

Filed under: コンジローマ, 医療, 新宿Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website